2010年04月08日

宇宙へ夢広げたシャトル=山崎飛行士が日本人最後−国際協力で後継機を・毛利さん(時事通信)

 「スペースシャトルは若者の夢をかき立ててくれた。普通の人でも宇宙に行ける、世界中の人が行けるということを示してくれた」。1992年、日本人で初めて搭乗し、コイの宇宙酔いなどの実験を行った毛利衛さん(62)は、こう振り返った。
 老朽化し、大事故も2回あったシャトルは年内に退役する。日本人の飛行は、7人目の山崎直子さん(39)が日本時間5日夜、国際宇宙ステーション(ISS)に向けて出発するのが最後だ。
 ◇実験、作業、滞在へ
 日本人飛行士の活動は、3世代に分かれる。85年に初採用された3人のうち、毛利さんと向井千秋さん(57)は、シャトルでの実験が中心だった。
 3人目の土井隆雄さん(55)以降、若田光一さん(46)、野口聡一さん(44)、星出彰彦さん(41)は、船外活動(宇宙遊泳)やロボットアーム操作でISSの建設作業などに従事。日本実験棟「きぼう」を完成させた。
 ISSでの長期滞在も、昨年の若田さんから始まった。現在滞在中の野口さんは、既にシャトルではなく、ロシアのソユーズ宇宙船に乗った。 

大島氏、首相の普天間発言を批判(産経新聞)
<試験>飼い猫の名前や車のナンバー出題 福岡の私立高教諭(毎日新聞)
<博報賞>推薦受け付け開始(毎日新聞)
急拡大カーシェアリング 車両管理、安全、防犯に課題(J-CASTニュース)
無駄削った職員、人事で高評価=10年度予算執行で−財務省(時事通信)
posted by ヤジマ ヤスヒロ at 00:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。