2010年03月08日

<慰安婦訴訟>中国人女性の上告棄却 最高裁(毎日新聞)

 第二次世界大戦中に中国の海南島で旧日本軍の慰安婦にされたとして、中国人女性8人が日本政府に1人あたり2300万円の賠償などを求めた訴訟の上告審で、最高裁第3小法廷(那須弘平裁判長)は2日付で原告側の上告を棄却する決定を出した。原告側敗訴の1、2審判決が確定した。

 2審・東京高裁は09年3月、原告が暴力でPTSD(心的外傷後ストレス障害)などを発症していたと認めたが「72年の日中共同声明により裁判で賠償を求めることはできなくなった」との最高裁判決(07年4月)を踏襲して請求を棄却した。【銭場裕司】

【関連ニュース】
ホステス税額:非出勤日も控除対象 最高裁初判断
京都教員分限免職:処分取り消し確定…最高裁
啓朋学園寄付金流用:元理事長の上告棄却 最高裁
原発作業被ばく訴訟:原告の敗訴が確定 最高裁が上告棄却
函館政務調査費:住民側の請求一部棄却 最高裁

700万自腹で払って運転士に そんなお金持ち現れるのか(J-CASTニュース)
路上に横たわりひかれる=男性死亡、トラック逃走−警視庁(時事通信)
衆院文科委 朝鮮学校あす視察(産経新聞)
「竹島問題の根拠示せ」拓大教授が北教組に質問状 (産経新聞)
制御たんぱくの相互作用を解析=がんなど研究の基盤に−理研(時事通信)
posted by ヤジマ ヤスヒロ at 20:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。